外耳道炎

外耳道とは、耳の入口から鼓膜までを繋ぐ耳の穴のことを指します。外耳道は音の振動を増幅して鼓膜をはじめとする内耳に伝える働きがあります。外耳道炎は、外耳道の皮膚の部分に細菌又は真菌が感染して炎症を起こすことで発症する耳の病気です。耳の入口付近にできものができた場合なども外耳道炎の可能性があります。

耳の構造

外耳道炎の症状

〜こんな症状はありませんか?〜

  • 口を開けて顎を動かすと痛む
  • 耳の中にニキビの様なできものができた
  • 耳たぶを引っ張ると痛い
  • 耳が痒い
  • 耳から⻩色いドロッとした液体がでてきた

外耳道炎の主な症状は耳の痒みや耳の痛み、そして耳垂れです。外耳道炎の診断をする際には、耳の中を観察して赤みや腫れの他、膿などがないかを調べて診断をします。

外耳道炎の原因

外耳道炎は皮膚の感染症であることから、何かの原因で外耳道に傷ができて、その傷口から細菌が感染したものと考えられます。この外耳道を傷つける原因として次の様な原因が挙げられます。特にワイヤイレスイヤホンは、急速に普及しており、リモートワークの人をはじめ、多くの人が使用頻度や装着している時間が⻑くなりがちです。

  • 過度な耳掃除
  • 爪などで自身の耳をひっかく
  • イヤホンの⻑時間使用
  • プールなどで水が耳に入った

外耳道炎は自然に治るの?

軽度の外耳道炎の場合は、耳掃除やプールへの入水、イヤホンの使用を控えるなどを心掛けることで自然に治る場合があります。ただし、症状が続く場合は自然治癒ではなく、耳鼻咽喉科を受診して、適切な治療を受けることをお勧めします。

外耳道炎の治療法

外耳道炎の治療は、炎症を起こしている部分の消毒を行い、細菌感染による炎症を抑えるための抗生剤の点耳薬を処方することもあります。耳の痒みが強い場合は、点耳薬以外に、抗アレルギー剤や抗ヒスタミン剤などの内服薬を処方する場合があります。

外耳道炎にならないためには

外耳道炎は繰り返し発症することで治りが遅く、症状もひどくなる場合があります。外耳道炎にならないためにはまず、耳を高温多湿の状態にせず乾燥した状態に保つこと、そして耳掃除など耳の内部を傷つける行為を極力控えることが大切です。
また、耳に違和感がある場合は、プールなどに入る前などに耳鼻咽喉科を受診して、プールに入っても問題ないか確認するようにしましょう。

このページの監修医師

院長 井上雄一郎

大船こどもとおとなのクリニック

耳鼻咽喉科担当 院長 井上雄一郎

名古屋市立大学医学部卒、複数の病院で耳鼻咽喉科を担当し、1993年10月医療法人井上耳鼻咽喉科医院院長就任
2021年11月より大船こどもとおとなのクリニック院長に就任
専門分野はめまいを中心に耳鼻咽喉科一般

〒247-0006
神奈川県横浜市栄区笠間二丁目2番1号
GRAND SHIP 2F

JR京浜東北線 「大船駅」笠間口から徒歩1分