花粉症とは

花粉症とはアレルギー性鼻炎の症状の1つです。空中に飛散している花粉が鼻の粘膜に付着した際に花粉を異物と判断して、私たちの体に備わっている免疫システムが過剰に反応したことで起こる症状(鼻水、鼻づまり、くしゃみなど)を指します。

花粉症の種類と飛散時期

花粉症は花粉の種類によって飛散時期が異なり、症状を発症するタイミングも異なります。日本人の花粉症で最も多いのはスギやヒノキ花粉で、スギとヒノキの飛散が重なる3月から4月の時期は特に花粉症に悩む患者さんが増えます。
また、花粉症は2月からの春先だけでなく、イネやブタクサなど秋に飛散するものもあります。

花粉の種類カレンダー

花粉症の治療方法

・薬物療法
花粉症と言っても症状は人によってさまざまです。内服薬や鼻にスプレーする点鼻薬などを症状に合わせて処方いたします。花粉症の薬も進歩し、花粉が飛び始めるタイミングに 併せて花粉症の症状が出る前に薬の服用を始める「初期療法」を行うことで、花粉の飛散シーズン中の症状を軽症に抑えることも可能になってきています。花粉症の症状で毎年お悩みの方は当院までご相談ください。

・舌下免疫療法
詳細はこちらをご覧ください。

花粉症対策

<屋内>

  • 掃除機をかける前に水拭きをする
  • 空気清浄機を用いて室内の花粉を除去する
  • 洗濯物は室内で乾かす
  • なるべく窓を開けないようにする
  • 室内の換気は花粉の飛散が少ない早朝か夜間に行う

<屋外>

  • 屋外から部屋に入るときは、上着に付着した花粉を払う
  • 外出時はゴーグルやマスク、帽子を着用して目や鼻からの花粉の侵入を遮る
  • 毛糸など花粉が付着しやすい凸凹の生地ではなくツルツルの生地の衣服を着用する

花粉症の飛散情報

お出かけの際には、こちらの花粉症の飛散状況を事前にチェックするとよいでしょう。

環境省花粉観測システム(はなこさん)
http://kafun.taiki.go.jp/

花粉症と風邪の違い

花粉症と風邪の症状は、鼻づまりや鼻水、くしゃみなど症状が似ている部分がありますが次の様な違いがあります。

花粉症と風邪の違い

花粉症風邪
鼻水の状態 サラサラで透明の鼻水 粘りっぽい黄色い鼻水
熱の状態 発熱しても微熱程度 37~38度の熱が出る
鼻以外の症状 目のかゆみ のどの痛み
咳や痰
期間 花粉の飛散期間(2~3ヶ月間) 1~2週間程度

また、風邪で副鼻腔炎などを起こしていた場合は、治療法が異なることがあります。花粉症と風邪の違いを見分けることが難しい場合は、無理に自己判断はせず当院へご相談ください。

このページの監修医師

院長 井上雄一郎

大船こどもとおとなのクリニック

耳鼻咽喉科担当 院長 井上雄一郎

名古屋市立大学医学部卒、複数の病院で耳鼻咽喉科を担当し、1993年10月医療法人井上耳鼻咽喉科医院院長就任
2021年11月より大船こどもとおとなのクリニック院長に就任
専門分野はめまいを中心に耳鼻咽喉科一般

〒247-0006
神奈川県横浜市栄区笠間二丁目2番1号
GRAND SHIP 2F

JR京浜東北線 「大船駅」笠間口から徒歩1分